金の種類別にみるお手入れ法:ピンクゴールド編

ピンクゴールドは、日本人の肌色によく馴染むことから、大変人気が高い金です。
金買取の場でも、ピンクゴールドは取引されています。
「ピンクゴールド」という貴金属があるのではなく、金に銅を混ぜることによってピンクの色合いを表現しているものです。
18Kピンクゴールドであれば、75%が金であとの25%が銅の比率が多く含有しているという合金となります。
14Kであれば、銅以外の銀やパラジウムなども混ぜます。
この合金のデメリットは、壊れやすさにありました。
サイズ直しなどでも割れやすく、サイズ直しに応じてくれない宝石店もあるほどでした。
また銅の変色しやすい特徴を持っている金合金だということも、念頭においておかなくてはなりません。
銀も含有している場合には、銀の黒ずみしやすい特性も合わせ持つことになってしまいます。
中性洗剤を溶かしたぬるま湯の中に浸け込み、汚れの取れにくい箇所を柔らかいブラシなどで優しくこすり、その後流水で洗い流して水分を取り除くという方法が、広く用いられています。
しかし販売店で売っている、ピンクゴールド専用のクリーニング剤と布を使ってお手入れすのが一番安全です。
出来れば購入したお店にクリーニングをお願いして、普段は使ったあとに拭きとるだけというのがオススメです。
超音波洗浄器の家庭用もありますから、その機械を使った洗浄が家庭で行うには心配がありません。
このピンクゴールドですが、金買取においては金の純度で金買取価格が決まります。
18Kピンクゴールドであれば、18金の金買取価格が適用されるのです。
ピンクだからといって、他の買取価格設定があるわけではありません。
重さにその時の1gあたりの金買取価格を乗じれば、おおよその買取額が算出できるのです。
金買取は近頃大変盛んになっています。
何色であっても18K、14Kなど純度によって査定されますので、安心して金買取を利用することが出来ます。
利用するときには、専門的な知識を有した買取店を選んで査定してもらいましょう。




金の種類別にみるお手入れ法:イエローゴールド編

同じ金であっても、どんな金属を混ぜるかによって色合いが変わってきます。 (さらに…)




ドイツワインの産地

ドイツワインの人気が高まっています。ドイツの国内では、さまざまな地域でワインの生産が行われていて、地域によって味わい・特色が異なっているのが大きな特徴です。 (さらに…)




意外と知られていないけど…

占いを利用する人は、昔から大勢いました。以前の占いというと、相談者が占い師のところを訪ねて、直接話すというものが主流でした。しかし、占いに関する研究が (さらに…)




不倫って今3人に1人はしてるよね

不倫と一言でいっても人それぞれいろいろな状況があります。お互いが結婚をしている状態で不倫をしている場合やどちらかが結婚をしていて不倫をしているという状況です。 (さらに…)